スターリングシルバーウォッチチェーン 1870年

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

イギリスの蚤の市で見つけてきました懐中時計用の純銀の鎖です。

イギリスではアルバートチェーンやロイヤルアルバートと呼ばれますがビクトリア女王の最愛の夫、アルバート公が好んで身につけていた事から、いつからかそう呼ばれるようになったようです。

鎖玉の一つひとつにスターリングシルバーを示すライオンパサントの刻印があります。
いちばん大きな鎖玉1つ約9mmちょっとあります。

鎖の中心が太く、両側にいくにつれて細くテーパー状になっているのが見えますか?
作りの良さがよく分かります。

チェーンより刻印がASですので、おそらくロンドンのArthur Sibley

リングのPの刻印より1870年と推測できます。
Tバーにはスターリングシルバーを表すSSの刻印があります。
(フックに刻印はありません)

やや短めで53グラムありますのでずっしりと迫力ある1本です。


Tバーから留め具の先まで約29cm 重量53g

お写真をクリックすると拡大します。


※送料
レターパックプラスにて全国、送料無料です。
レターパックプラスはポスト投函ではなく手渡しの配達です。
27,000円
注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索